フォト
無料ブログはココログ

« 最近の記録の中から ~2011.6.19~ | トップページ | 広セキ Gー02編成 »

2011年7月 2日 (土)

補機 EF67 105

前回の記事でEF67 105の画像を載せましたが、今回はそのEF67 105の記録の中から少々ご紹介致します。

Img_0051
2011.6.19
更新工事後は0番台ともよりイメージが異なり、近代的な感じになりました。

13586
1986.3 廿日市ー宮島口
こちらは国鉄時代の、まだEF65だった頃です。
最終号機の135番でした。EF67になっても最終号機ですね。
画像は編成からして当時廿日市を午前中に下っていた3871レか3873レあたりではなかったかと思います。この日はこれから始まる団臨ラッシュを待ってスタンバイしている間に撮ったようです。
岡山機関区所属でした。銀色のタンク車は赤い三菱マークが見えます。三菱化成工業のテレフタール積載のタキ24300形でしょうか。
まだEF65が新性能電機と名実ともに呼ばれていました。
それにしてもこの日の135番は顔がひどく汚れていました。雨の日に空コキでも引いたんでしょうかね。
10595715
1995.7.15 瀬野ー八本松
EF67狙いで早起きして瀬野西トンネル東側へ。
この辺り、補機が非常に力強く押し上げて行く姿が見れます。
105番は既にクロスパンタに替わっていました。他の101番など、まだ種車時代の菱パンのものもいました。
外見的にはEF60改造の0番台と上り方のデッキの有無や車体の長さ以外さほど差がありませんでした。0番台の方がモーターの唸る音が大きいですけどね。
本務機はEF65の国鉄色でした。おそらく岡山機関区の元僚機ではないでしょうか。
梅雨が明けたか否かの時期で、今にも雨が降りそうでした。
蚊に襲われながらの撮影でした。
この場所は今の撮り鉄を取り巻く情勢からして、危険箇所にあたるような気がしますので、お薦めできません。当時は雑誌などでも有名撮影地としてフツーに紹介されていましたが。

10510195716
1995.7.16 瀬野ー八本松
上記画像の翌日も早朝よりこの場所に来ました。
重連単回もいました。


10509927
1009.9.27 瀬野ー八本松
更新工事を受けガラッと様子が変わりました。
パンタもシングルアームを一時期載せてました。

彼岸花が咲き乱れていました。

« 最近の記録の中から ~2011.6.19~ | トップページ | 広セキ Gー02編成 »

EF67」カテゴリの記事

EF65」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 補機 EF67 105:

« 最近の記録の中から ~2011.6.19~ | トップページ | 広セキ Gー02編成 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31